出会いの基礎知識

【出会い系サイトの詐欺】被害に遭った時の対処方法と相談窓口一覧

更新日:

出会い系サイトを利用した詐欺出会い系サイトを利用した詐欺事件が後を絶ちません。

詐欺を行うのは悪い出会い系サイトの運営者、もしくはサイト利用者の時もあります。

様々な手口の詐欺がありますが、共通して詐欺師が狙っているのは貴方のお金です。

僕は長く出会い系サイトを利用しているので、何度も詐欺師に遭遇しています。お金を取られた経験もあります。

詐欺だと気づいて騙されなかった時でも、被害の相談窓口に連絡して詐欺師撲滅運動を行っています。

最近では、ニュースなどで私たち利用者が詐欺に対応する知識を得ていますし、被害に遭った時の窓口が充実しいることもあって被害件数は減りつつあります。ですが、その分詐欺師たちの手口は巧妙になり、1件あたりの被害額は増えています

ここでは、出会い系サイトでの詐欺の手口と被害に遭った時の対処法を紹介します。

無料の出会い系サイトは利用しない

無料無料で利用できる出会い系サイトは99%詐欺サイトです。

例え、サイトの運営者が詐欺を行っていなくても、ユーザーのふりをした詐欺業者の温床になっています。

無料の出会い系サイトの利用を避けることで詐欺に遭う確率は少なくなります。

出会い系サイトでの詐欺の手口と対処法

詐欺師詐欺師たちは、あの手この手、巧妙な手口で貴方からお金を奪おうとします。

詐欺の手口を知っておけば、詐欺に遭う前に対応できます。

サクラを雇う悪質な出会い系サイト

サクラを雇う悪質な出会い系サイト女性会員を集められない出会い系サイトは、運営のためにサクラを雇っています。

有名な大手出会い系サイトは、年間数億という莫大な広告費をかけて女性会員を集めています。ですが、99%の出会い系サイトはそんなに広告費をかけることができません。必然的にサクラを雇うことになります。

サクラのいるサイトを利用すると、私たち男性利用者は会えない女性に会費や利用料を支払うことになるのです。

常識的な範囲の会費や利用料ならまだマシです。数万~数十万の法外な利用料を請求されることもあります。もし、電話番号、メールアドレス、住所など、登録時に伝えている場合、しつこく請求されるハメになります。

中には、一定期間のお試し無料登録を促し、自動継続させて高額の請求をするサイトもあります。この手のサイトは退会フォームもなく退会できません。

僕もサクラのいる出会い系サイトに騙されたことがあります。5000円ほどの月会費を支払って、女性とやり取りしていたのですが、全く会えませんでした。メールの内容も不自然だったのでサクラサイトだと気づきました。返金を求めたのですが、利用料を取り返すことはできませんでした。2ヵ月後サイトは閉鎖していました。

大手の出会い系サイトを利用すればサクラに騙されることはありません。名前も初めて聞くようなサイトは利用しないのが一番です。

もし、サクラを利用する詐欺サイトに騙されそうになったら、お支払いはせずに無視するか、各窓口に相談してください。真っ当な運営をしていない出会い系サイトに支払いをする義務はありません。そもそも、出会い系サイトは事前にお支払いしてから利用するのが通常です。利用中に過去の分を請求された場合は100%詐欺です。

お支払い後に、詐欺だと気づいた場合は、各窓口に相談して返金を求めましょう。ただし、悪質な詐欺サイトは連絡先やサイトを定期的に変えているのでお金が戻ってこないケースが多いです。

悪質な出会い系サイトに誘導する手口

誘導ツイッター、FacebookなどのSNSや直接メールから悪質な出会い系サイトに誘導する詐欺があります。

ある程度仲良くなった後に、「こっちのサイトでやり取りしましょう」などといって、出会い系サイトのURLを知らせてきます。この出会い系サイトは詐欺サイトと思って間違いありません。「こっちのサイトのほうが使いやすいから」とか、「このサイトメインで使っていて日記も書いているので」などと、理由をつけてきます。騙されないように気をつけてください。

僕もメールで悪質な出会い系サイトに誘導されたことがあります。「以前、〇〇という出会い系サイトで連絡先交換した美紀です。メアド変えるので〇〇〇@.〇・・・・」というメアドが途中で途切れた内容でした。気になってメアドのリンクをクリックすると、見たことのない出会い系サイトに誘導され、美紀さんとメッセージ交換するためにはポイントを購入してくださいと記載がありました。すぐに詐欺だと気づいたので事なきを得ましたが、一瞬騙されそうになりました。

どんな状況であれ、別のサイトのURLに誘われたら、完全無視が鉄則です。

儲け話を持ち掛けられる

儲け話出会い系サイトを通じて、儲け話を持ち掛けられることがあります。この手の詐欺を働くのは、サイト利用者のことが多いです。

こういう話に乗ってしまうと、高額な初期投資、情報料、セミナー受講料などを請求されることになります。もちろんですが、向こうからやってくる儲かる話などこの世にありません。

綺麗な女性の写真を悪用して、男性にメッセージを送ってきます。連絡先交換をしてしまうとしつこく勧誘されます。旅行先で大勢で撮った楽しそうな写真を送り付けて、貴方も私と経済的自由を楽しみませんか?などと誘ってきます。あたかも沢山の人が成功しているかのように思わせるのが目的です。

儲け話=詐欺だと思って間違いありません。

儲け話を持ち掛けられたら絶対に無視してください。もし、何らかの支払いをした場合、どこかの窓口に相談して返金を求めることになりますが、儲け話系の詐欺では簡単に返金されない事も多いです。面倒ですが、本気でお金を取り戻すためには弁護士に相談する以外ありません。

出会い系サイトで被害に遭った時の相談窓口一覧

相談窓口出会い系サイトの利用で、実際に被害に遭った時に無料で相談できる窓口一覧です。

詐欺に気づいて自分で対処できる場合なら必要ないかもしれません。しつこく連絡がきて困ってる、支払いの必要は本当にないか不安、お金を支払ってしまった、など自身で解決できない場合は相談するようにしましょう。

国民生活センター

まず最初に相談したいのが国民生活センターです。

出会い系サイト被害の相談が多く寄せられています。その都度適切な助言をいただけます。内容によっては、国民生活センターから詐欺業者に連絡をして解決してくれることもあります。

相談方法:電話

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口

警察のサイバー犯罪窓口一覧です。下記URLのサイト内にはネット詐欺に遭わないための情報も記載されています。

事件性がなければ解決できないかもしれません。高額で組織的な詐欺、恐怖を感じるような脅しがあった時は警察に相談がいいでしょう。

相談方法:電話、メールフォーム

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口一覧
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

弁護士ドットコム

弁護士に相談は最後の手段です。最終的に費用も必要ですし、時間も必要になります。

弁護士ドットコムならお近くの弁護士さんを探せます。弁護士さんは顔写真付きで、相談料、着手金、報酬金まで記載されていて安心です。

サイト内で無料相談もできるので、まず相談するのがいいでしょう。

弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/

弁護士ドットコム無料相談
https://www.bengo4.com/bbs/

出会い系サイトの詐欺のまとめ

まず第一に詐欺の手口を知り、「詐欺かな?」と思ったらすぐに連絡をやめ無視することです。

いざという時のために、詐欺の被害に遭った時の対処法も覚えておきましょう。

安心して出会いを求めるなら、大手の出会い系サイトを利用しましょう。運営がしっかりサイトを管理しているので詐欺に遭うことはほとんどありません。

出会い系サイトで本当に出会う方法

出会い系サイトで本当に出会う方法

ブサメンでイケてない僕でも、実際に出会っている方法即エッチできる方法をお伝えします。

-出会いの基礎知識

Copyright© ブサメンが出会い系サイトで出会う方法 , 2020 All Rights Reserved.