出会い系攻略

【出会える確率が5倍に!?】プロフィール画像に顔写真を設定しよう!

投稿日:

プロフィール写真の上手な撮り方大手の出会い系サイトにはプロフィール画像を設定する機能があります。

プロフィール画像は設定したほうがいいでしょうか?答えはYESです。

出会いを目的とするうえで、プロフィール画像を設定することはメリットしかありません

ここでは、プロフィール画像を設定したほうがいい理由上手な写真の撮り方についてお伝えします。

プロフィールに顔写真を設定すると女性からの返信が5倍になる

女性からの返信多少の個人差はありますが、プロフィールに顔写真を載せると女性からの返信が5倍になります。僕の場合、返信率10%ほどだったのが、プロフィールに顔写真を載せると50%まで増えました。大げさに言っているわけではありません。真実です。

僕は口下手で会話がつまらないですし、太っていて顔が不細工です。そんな僕でもプロフィール写真を載せると、半分の女性から返信があるのです。

当然、返信が5倍に増えたら出会える確率も5倍になります。

ライバルに差をつけろ!プロフィール写真を設定するべき理由

安心する女性他の男性会員は貴方にとってライバルです。女性会員が掲示板に投稿すると10~100通ほど男性からメッセージが届きます。その中で女性が返信するのは1~5通ほどです。

貴方のメール内容やプロフィールに、他の男性会員と違うインパクトがないと返信はありません

そんな中、女性が最も重要視するのがプロフィール写真の有無です。

貴方がイケメンとかブサメンとかは関係ありません。もちろん、悔しいことにイケメンの方が有利なのは確かです・・・。ですが、プロフィール写真を設定するのは、容姿の良い悪いを伝えるのが目的ではありません

出会い系サイトを利用している女性は警戒心が強いです。ネット上で知らない男性とやり取りするわけですから、不安があるのは当たり前です。プロフィール写真を設定することで、その不安を取り払うことができます。貴方がどんな顔か伝えることで安心感を与えることができるのです。

実際に、顔写真がないと返信しないと決めている女性も多いです。僕は、例え女性がプロフィール写真を設定してなくても、こちらは設定するのがマナーだと思っています。男性より、女性のほうが警戒心が強いですからね。女性への思いやりは大切です。

ありがたいことに、9割以上の男性会員はプロフィール写真を設定していません。プロフィール写真を設定することでライバルに差をつけられるわけです。女性への思いやりと、出会える確率を上げるためにもプロフィール写真を設定しましょう

第一印象が最も大事。良いプロフィール写真を設定するメリットとは?

女性に安心感を与えるイケメン、見た目普通の男性、僕みたいなブサメン。どんな男性でも、プロフィール写真は上手に撮りましょう。

ご存知の通り、人は第一印象が大切です。実際の貴方よりも、ちょっと良い顔写真を設定することで、実際に会ってからも写真の印象は残ります

また、明るいイメージの写真が撮れたら、女性に安心感を与えることができます。結果的にメッセージの返信率、出会える確率はぐんとアップします。

では、良いプロフィール写真とはどのようなものでしょうか?次の項目で詳しくお伝えします。

最高の写真を自撮りしよう!プロフィール写真の上手な撮り方

最高の写真を自撮り良いプロフィール写真とは、女性に好印象を与えて出会える確率を上げる写真です。

では、女性はどんな男性に好印象を持つのでしょうか?

暗い、恐い、不真面目なイメージは悪印象を与えます。

明るい、優しい、誠実なイメージは好印象を与えることができます。

ここでは、好印象を与える写真の撮り方をテクニックを紹介します。

最高の笑顔で撮る

無表情のキメ顔や、うつむき加減でキリっと自撮りする男性がいますが、女性からの評判は悪いです。ナルシストっぽいので嫌われます。

女性に好印象を与えるのは、明るい笑顔です。特に出会い系サイトのプロフィール写真では、カッコよさをアピールするのではなく、女性に安心感を与えることを心がけてください。

笑顔にも色々あります。僕は以前、大爆笑している写真を使ったことがありますが、結構評判が良かったです。ただ、返信のなかった女性には「この人大丈夫?」と思われたかもしれません。女性に強くインパクトを与えることができるので、大爆笑の写真も用意しておいて、たまに使ってみるといいです。

一番おススメなのは、ニコッと歯を見せる自然な笑顔です。頬を上げて上の歯だけ見せるのがベストです。口を閉じて少し微笑むくらいの笑顔はいい印象を与えません。

また、目線はカメラに真っすぐ向けるようにしましょう。笑顔の写真でうつむき加減や上からの目線は不自然に感じられます。

鏡の前で練習した後、何度か撮影してみましょう。その中でベストショットを選んでください。

充分な照明を確保して明るいイメージに

太陽の光、蛍光灯を直接顔に当てるのはNGです。顔に影ができて印象の悪い写真になります。

野外で写真を撮る場合、朝か夕方前の日差しが弱い時間帯に撮るのがベストです。太陽の光が強い日中は避けて下さい。

室内で写真を撮る場合、窓の方を向いて撮影しましょう。太陽の光を顔に直接当てないように、レースのカーテンを利用したり、太陽が見えない位置まで後退した場所で撮るようにしましょう。窓の方角によって違いがありますが、部屋が一番明るい時間帯に撮るといいです。

汚い背景がだらしない印象に

写真を撮るときは背景にも気を配りましょう。せっかく自分を上手く取れても、背景が汚いと台無しになってしまいます。

野外で写真を撮るときは、空、木、植物と一緒に撮ると好印象を与えることができます。庭や公園で撮影するのがいいでしょう。

部屋で写真を撮るときは、きれいな所で撮影しましょう。ゴミが散らかっている、脱いだ服が散乱しているなど、部屋が汚いのはもってのほかです。カーテンや壁を背景に少しソファーなどの家具が写っているくらいがベストです。

どうしても顔写真を公開したくない場合は?

顔写真を公開したくないプロフィールに顔写真を設定することをお勧めしてきましたが、どうしても公開したくない場合はどうしたらいいでしょうか?

いくら出会える確率が上がるとはいえ、写真の公開に抵抗がある方もいると思います。

ここでは妥協案をいくつか公開します。以下の方法で、なるべく貴方のイメージを女性に伝えるようにしましょう。全く写真を公開しないよりは断然いいです。

はっきり顔が分らないようにする

PC・スマホの加工ソフトを使って顔を隠す方法があります。スタンプで口元を隠すなど、PC・スマホが得意な方はソフトを使って加工しましょう。

また、似顔絵サービスもお勧めです。貴方の顔写真を似顔絵風に加工してくれる無料サービスがたくさんあります。PCなら「似顔絵ソフト」、スマホなら「似顔絵アプリ」で検索してみてください。面白いソフトが沢山あります。使い方など説明すると長くなるので、ここでは割愛します。

加工するのが難しい、面倒な方は、アナログな方法もあります。

  • 目が見える程度の薄いサングラスをする
  • マスクをする
  • 手、クッションなどで口元を隠す

鼻や口元は隠したとしても、目は隠さないようにしてください。目が映っていればある程度の安心感を与えることができます。深く帽子を被ったり、暗いサングラスをして目が見えない写真は、逆に不安感を与えるので控えましょう。

また、口元を隠したとしても笑顔を心がけてください。口角を上げて目で笑顔が伝わる写真を撮りましょう。

プロフィールで公開せずにメールで送付する

プロフィールで写真を公開してなくても、1通目のメールで送付すれば問題ないです。

メールの度に添付する手間がありますが、誰でも閲覧できるプロフィールで公開することに抵抗のある方にはお勧めです。

全く写真を見せないなら似ている芸能人を伝える

これは最後の手段ですが、似ている芸能人を伝えることで貴方をなんとなくイメージさせる方法があります。

貴方がよく似ているといわれる芸能人がいれば、1通目のメールで伝えてください。

俳優など、ルックスのいい芸能人に似ている方は、「○○をダメにした感じ」とか「○○を崩した顔」と謙遜するようにしましょう。自信満々のナルシストは女性に嫌われます。実際に会った時、「全然似てない」と思われた場合の保険にもなります。

容姿について、少しでも伝えることで多少は安心感を持たせることができます。

プロフィール画像は必須!?写真の有無で出会える確率に差はあるの!?まとめ

良い顔写真を公開すると、出会える確率が5倍になります。女性は安心してメールを返信できます。お互いにとってメリットがあるのです。

女性はプロフィール写真を公開していない場合がほとんどですし、会う直前まで写真を送付してくれない事も多いです。会う約束をしても写真を送付してくれない女性もいます。どんな場合でも男性側から、写真を見せるのが女性への思いやりです。結果的にいい出会いにつながります。

僕は、女性と出会うためなら、恥ずかしい気持ちは捨てて全力で撮影した写真を公開しています。

是非、貴方も最高のプロフィール写真を撮って出会いのチャンスを拡げてください。

出会い系サイトで本当に出会う方法

出会い系サイトで本当に出会う方法

ブサメンでイケてない僕でも、実際に出会っている方法即エッチできる方法をお伝えします。

-出会い系攻略

Copyright© ブサメンが出会い系サイトで出会う方法 , 2020 All Rights Reserved.